オンラインカジノ適法性や違法性

オンラインカジノは、主に欧州が多いですが、当該政府が発行するカジノライセンスを用いて初めて営業することができます。

つまり、ライセンスを保持して営業をしているカジノは、合法的(適法性がある)に営業しています。

 

これとは逆に、闇営業(違法カジノ)の場合、当該政府の発行するカジノライセンスを保持せずに営業しています。

カジノライセンスは、「ライセンスシール」と呼ばれる形で、カジノサイト下部などに記載され認可などの情報が見れるようになっています。(中にはクリックするとライセンスページへリンクされている)

↑ 

ベラジョンカジノの最下部のライセンスシールの画像です。

マルタライセンスが表示されていて、クリックできるようになっています。

2020年1月14日よりキュラソーライセンスに変更されました。

クリックすると、英語表記(翻訳はブラウザなどで出来ますよ)ではありますが、verajohn(ベラジョン)を運営している、Dumarca Gaming Limitedが許可を受けているゲームのサイトが全て表示されていますね。

違法性が無く、適法性のオンラインカジノは、このようにしっかりと証明書が掲示されていて普通です。

*2020年1月より、ベラジョンカジノのカジノ運営ライセンスは「キュラソー」に変更になりました。

ラスベガスやマカオで実際にカジノをして捕まらないのは?

カジノが好きな方は、外国に出かけるときに「カジノ行ってくる♪」なんて告げて旅経つ方もいます。

ここ日本では、2019年にIRカジノ法案が正式に決定し、やっと一般的になり始めていますが。

その前までは、日本では賭博は禁止で違法です。(一部の公益ギャンブルを除く)

 

では、その日本人が、海外カジノに行けばどうして違法性なくカジノで何なら大富豪になって帰国してもお咎めが無いのでしょう?

それは、合法に運営しているカジノで遊んでいるからです。( ̄ー ̄)ニヤリ

海外の当該カジノ側から見れば、そんなことで日本政府側がいちいち言う権利が無い訳です。

合法的に運営しているから。

 

オンラインカジノの合法性や適法性、それから違法性はラスベガスやマカオなどのカジノに、渡航して遊ぶのと似ている点があるんです。

違法カジノは、摘発されます。(闇営業)

 

まとめ

この記事には、オンラインカジノを日本からプレイするのにまだ抵抗がある方が読んでいるケースが多いはずですが。

今のところの法律でいうと(2019年12月現在)、グレーな事は覚えておいていただきたいと思います。

ですが、過去に実在した京都の逮捕事例の結果、法律の存在が無い事から「無罪」になっています。

 

逮捕された方は、前科すらない訳です。

この時点で私が最も伝えたいのは、適法性に則ったオンラインカジノで遊んでいただきたいという事です。

 

© 2020 はじめてのオンカジ!オンラインカジノ登録からボーナスの貰い方や攻略情報 rss